中国でのモバイル決裁

女性

日本での導入と利点

企業においては、決済方法を充実させることが重要な要素になってきている。これまでは、現金とクレジットカードによる決済が中心であったが、近年では電子マネーの導入がポイントとなってきている。電子マネーによる決済を導入することで、利用者にとっての利便性が上がりお店を利用してもらいやすくなるためである。これらの電子マネーとしてあるのが、wechatpayである。wechatpayは主に中国で広く普及しているモバイル端末による決済手段であり、これらの分野においては中国でも1、2を争うものとなっている。近年では、日本国内でもwechatpayを導入するお店が増えてきている。wechatpayを日本国内のお店などで導入することの大きなメリットとしてあるのが、中国人客を取り込みやすくなるということがある。日本では中国からの観光客などをどのように取り込むかにより、売り上げが大きく左右される傾向にある。そのような中、中国で広く利用されているwechatpayを日本のお店でも利用できるようにすることで、中国人観光客を取り込みやすくなるということがある。外国人が日本で買い物などを行なう際、現金での支払いなどでは不便となることが多く、手数料なども必要になるため買い物を控えてしまう可能性が有る。しかし、中国人にとってなじみの深いwechatpayが日本に来てもそのまま利用できることで、決済に対するハードルが下がり購入してもらえる可能性が上がる。

Copyright© 2018 アウトソーシングで総務業務を効率化【セキュリティが強化される】 All Rights Reserved.