社内部門の効率化

男性

固定費削減について

企業においては、総務部は欠かすことのできない部署となっている。総務部では、社員の給与管理や勤怠管理、健康管理や会社を運営する上で必要な様々な業務を行っている。営業や技術の部署などでは社外から直接収入を得る部署となるが、総務部では直接収入を得ない部署である為、企業ではできるだけコストを抑えたいケースがある。これらの総務部におけるコスト削減の方法としてあるのが、アウトソーシング化である。総務部のアウトソーシング化では、企業運営に関わるコアな部分のみを社内の人材で対応し、その他の外部業者に出しても良い部分を社外で対応してもらうものである。総務部の業務でアウトソーシングできるものとしては、資料作成や受付業務、社内便などがある。資料作成の中でも経営に関わるものや社外に出せない情報については社内で作成し、一般企業で作成する内容についてはアウトソーシングする方法がある。これらの総務業務をアウトソーシングすることで、企業においては人員調整しやすくなるというメリットがある。業務が集中する時期には多くの業務を外部企業に任せ、閑散期にはそれらの発注を止めることで効率化できる。常に一定数の社員を確保する場合には人件費もその分必要となるが、アウトソーシングであれば必要な費用に抑えることができる。また、専門の業者に任せることで作業の効率化や品質向上につなげられる可能性もある。これらのことから、アウトソーシングに人気がある。

Copyright© 2018 アウトソーシングで総務業務を効率化【セキュリティが強化される】 All Rights Reserved.