会社の電話対応をサポート

受話器

外部委託で業務を効率化

人手不足等を理由として十分な電話対応ができていないと感じている企業にとって非常に便利な存在となるのが、電話代行というサービスです。通常、事業所にかかってくる電話にはその事業所のスタッフが直接対応しますが、電話代行ではその電話を代行業者あてに転送し、専門のオペレーターが対応します。オペレーターはその事業所の名を名乗って電話に出るため、相手は事業所のスタッフに直接話しているのと変わらない感覚で対話を行います。そのため、スムーズな応答が可能となります。オペレーターが預かったメッセージは、通話修了後に文書で報告されます。電話代行サービスには大きく分けて3つの種類があります。1つめは留守番電話に相当するサービスで、スタッフが外回りで出払っていたり別室で用談中であったりして電話に出られない場合に、代理応答してもらうというものです。2つめは、コールセンターサービスです。これは、専用の電話番号を用意して、通信販売の注文を受け付けたり、顧客からの質問等に対応したりするというものです。3つめは、アウトバウンドの電話サービスです。これは先の2つと異なり、企業等から相手方に電話をかける業務を代行するというものです。顧客に向けて商品やサービスの紹介を行う営業電話が中心となりますが、市場調査目的でアンケートを取ったりする場合にも利用できます。電話代行の契約期間は、1か月単位というところが主流です。料金体系は定額の基本料金とコール数に応じた従量課金の組み合わせというスタイルが一般的です。

Copyright© 2018 アウトソーシングで総務業務を効率化【セキュリティが強化される】 All Rights Reserved.